インフルエンザ到来!!ウイルス対策にはマジックボール♪
ポイント3倍?!セブンカードプラス

便秘の子供

子供の腹痛 左はおそらく…便秘

久しぶりに慌てました。

うちの息子の痛がり方が尋常じゃアないから。

先週末、お宝やにカードを売りに出かけた息子と父親。
途中で父親より連絡アリ。
「2000円にはなると見込んで出かけてきたのに250円だって」
「そーとー気落ちして具合が悪くなったらしい。
腹痛腹痛
・・・・・・・・・
笑えない。めったに腹痛なんてならないけど
痛がった時は救急搬送されるくらいだから、この子は。
・・・で、すぐに帰宅してもらうと、

顔の色悪っ。
まっすぐ立てない痛み。
うううってうめいている。
あらあら熱が、37.5度あるよ。

悪いもの食べた覚えないし、かぞくみんな無事なんで
食中毒は否定。風邪からくる腹痛だろう、と受診させることに。
慌てたのはこの「受診」
明日は日曜だし、何とか今日診てほしいのが親ごころ。
なんだけど
見てくれるところが本当にない!土曜の昼時。
かかりつけも、近隣のよさそうな小児科も
大変混雑していてるし、予約は終了ってことで、のきなみ断られてしまう。
解っちゃいたけど、これほどとは。とほほほ・・・
それでも一件、親切にも「いいですよ〜」と。
予約もしていないのに
最後に入れてくれた優しいお医者様がありました。

そしてさてさて診察ですが。
猛威を振るうインフルエンザですから、発熱とぐったり感で、まずは
あの検査。はなぐりぐり。
(この時点、まだ熱が出たばかりだからマイナスでしたが、後日きっちり
検査1秒でプラス判定出ました。)
そして、腹痛。右はなし。左の臍の上、ひどい圧痛。医師に押されて
うううううっ!!!
そーかー。そーだよね。やっぱり。

先生の診断

左の腹痛、ほぼ間違いなく便がたまっちゃってると思うから。
浣腸しようか。」

うちの息子、毎日のようにお通じあります。
でも、それでもたまってしまうことがあるんですね。
以前、七転八倒の腹痛で、救急搬送された時も
レントゲンで見ると、便が詰まっているってことがあったんです。
しばらくはおなかを気遣って、カイテキオリゴを飲んだり

ヨーグルトとか気を付けていたんですが
当時も今もお通じあるんで、油断しました。

結局浣腸でガスも出て、多少のお通じがあって
そのあと大量のお通じあって、すっきり痛みは取れました。

皆様、今回の私がもらった教訓
教訓:左の腹痛はほぼ便秘によるもの。
   毎日でててもたまっていることはある。
   インフルエンザの検査は、症状で手から12時間以上たってから。

あ〜あ。私が、食べるものでおなかの調子を整えることができて、
インフルエンザの検査は時間をおいてからつれていく、この二つができてたママだったら。
息子に浣腸なんてやな思いと、結局2かいも鼻ぐりぐりすることなんてなかったのに。
ごめ〜んね。



またカイテキオリゴ

発注しようと思います。(笑)


マイコプラズマ感染症

マイコプラズマ、耐性菌にアロマの可能性

マイコマイコって、気になるマイコプラズマ感染症。
マイコプラズマ肺炎って診断され、がっくりしているママやパパ。
肺炎なんていわれた日には「重症」としか思えないですよね。

でも、
マイコプラズマは、健康な人かかる肺炎の原因としてとてもポピュラーな病原菌なのだそうです。
(厳密に言うとウイルスと菌の中間って言われてるんですけど)

マイコプラズマに感染すると、たいていは咳とか鼻などの風邪症状で済んでしまうのですが、重症化して肺炎を起こすことがあります。
肺炎にならないまでも、乾いた咳がしつこくしつこく何週間も続くことがあります。
喘息の人や元来気管支が弱い人がかかりやすいという特徴もあるそうです。
以前は4年に一度、なぜかオリンピックの年に流行するなんていわれていましたが
ここ数年はそういうジンクスもなし。毎年流行しています。
以前にも書きましたがマイコプラズマの治療にはマクロライド系の抗生剤が有効です。
クラリスとかジスロマックなどが処方されるかと思うのですが、これがマクロライド系といわれるものです。そして、これがよく効いていました。(過去形)


が、

最近話題になっているのが、耐性マイコプラズマです。
抗生物質への耐性を獲得したもの(=抗生物質が効かない)マイコプラズマ
が増えていることが問題になっているのです。ようするに特効薬のマクロライドが効かないマイコプラズマです。耐性菌ってどこかで聞いたことがありますよね?
なぜ効かなくなってしまうのでしょうか?
答えは一言。

抗生剤の乱用が原因です!

ちょっとした咳や鼻ですぐにクラリスやジスロマックなどを処方され、
お子さんがマクロライド漬けになってしまう。

そのうちに肝心のマイコプラズマがマクロライドに反応しなくなってしまう・・
なんてことでしょう。
普段から必要のない抗生剤ばかり使っているために、
肝心の必要な時になってそれが効かないという・・・

おんなじことがタミフルにも起こりましたよね。
いや、インフルエンザに起こったというべきでしょうか。
インフルエンザAに、タミフル耐性が出きて、タミフルが
利かなくなってしまった、記憶に新しい話です。
新しい薬が誕生すると、菌やウイルスも新しく進化する。
この繰り返しをぐるぐるぐるぐる続けているのが現状なのです。
オペ室勤務で手術に立ち会っているときに、ドクターが
こんな話をしていました。
「最近、アッペ(盲腸)の腹膜炎減ったよね。」
「人間は抗生剤いっぱい食べてるからね。」
「そのうち全部耐性ができて抗生剤がどれもきかなくなって
ちょっとした怪我でも助からなくなったりしないのかな。」

・・・・・・

恐い話です。人間は、お医者さんに処方されている抗生剤を
めったに飲まない人でも、鶏肉、豚肉、牛肉 養殖魚たちは・・

たっぷりお薬飲まされています

食物連鎖で、私たちの体にはいっぱいお薬入ってきていて、耐性菌いっぱい作って
ちょっとしたけがからの感染でも重症化しちゃうんじゃあないの?
っていう不吉な予測の話です。

そこで、アロマについて考えてみます。アロマの精油にも抗菌作用、抗ウイルス作用が期待できるものがあります。

精油は抗生物質ほどの殺菌力はないとおもいますが、自己免疫をあげて、細菌を弱らせ耐性菌を減らす可能性があるのではないでしょうか。

耐性菌についてロバートティスランド氏(アロマセラピーのパイオニアとして世界的にその名が知られています。)の講演でこんなお話が合ったそうです。

「精油と抗生物質の相乗効果(シナジー効果)」について。
ある種類の精油とある種類の抗生物質の組み合わせることで
耐性菌の特徴である「抗生物質への耐性」を精油が抑制し抗生物質が本来の効果を耐性菌に対して発揮できる場合があるとのこと。
また精油同士も、単独で使うよりも組み合わせて使った方が効果を発揮する可能性についても実験結果を元についても話されています。
例としてマイコプラズマ、および、肺痰球菌、ヘモフィルスインフルエンザの細菌に効果がある精油としてティスランド氏が上げられたのが「シナモンバーク、ユーカリプタス、レモングラス、オレガノ、ペパーミント、ティートリー、タイム。」

マイコの耐性についてはっきり言及されたということではありませんが・・
ここはひとつ思い切って、精油の力を借りて
耐性菌に負けない自分、負けない子供を目指したい。
アロマの可能性に期待したいな、と思います。
ちなみに我が家でヘビーローテーションしているのはユーカリ・ラジアタとティートリー。特にユーカリ・ラジアタはユーカリの中では一番刺激が弱く香りも穏やかなので重宝してます。
ティートリーはティスランド氏もマイコプラズマに効果があると言っています。
ただ、ティスランド氏が紹介している他の精油(シナモンバーク、レモングラス、オレガノ、ペパーミント、タイム)は刺激が強く子供向けではないように思います。

だいぶ寒さが増してきて体調を崩しやすい季節です。
薬をもらうより、風邪をひきにくい体作りに気を配りたい、って思っています。
寝る前にはユーカリやティートリー、時にはラベンダーを、
ディフューザーでもくもくたいて芳香浴して眠ることにしています。

アロマの可能性に期待して。

アロマの資格取ったのも、始まりは子供を守りたい。
そんな気持ちからでした。


アロマセラピーを学ぶならまずはビューティー資格ナビでチェック♪してみて




環軸関節回旋位固定

首が痛いよ

首が痛いよ」  って、右の耳下から首のあたりを腫らしていた息子。

首が左に傾いちゃってるし、触ると痛がるし、おまけに微熱と鼻水。
風邪症状顕著だし・・・
こりゃあ、何かに感染してリンパ節を腫らしている、って考えるのが
普通でしょう?妥当でしょう?
ってことでリンパ節炎疑って受診することにしました。


小児科に行って症状を訴えました。
いつものところがお休みの日だったので、時々見ていただく小児科へ。

すると、意外な答えが・・・・・。




リンパって感じではないよ。これは、筋肉が張ってるような感じ。
寝違えた?


・・・とのお言葉。
ナースな私の誤りでリンパ節炎にされちゃった息子も
なーんだ。じゃあ検査いらないね。って安心顔。
(溶連菌のけんさくらいするかもよ、って脅していたから。のどぐりぐりは
嫌ですものね。)

で、ありがたく鼻水のお薬のみ持ち帰り、ラーメン食べて午後から登校。


首痛いけど・・・・
斜めになっちゃってるけど・・・・
普通に元気だし。って思っていました。が、これでは済まなかったんです。



翌日、仕事中に小学校から電話。担任の先生から
首が痛いって今日はじゅぎょうに出られそうにないと、保健室にいます。
迎えに来てください。」って。

私も訪問看護中で「今ここを出られそうにないので」すが、
大事な息子のこと。気になって気になって
仕方なくて、何とかおばあちゃんにお迎えを頼めたので、
次の訪問先は同僚にお願いして息子と合流。

朝見て以来の息子の顔を見ると、
なんか・・またまがった?
ような・・・首が。


で、今度はいつもの小児科へGO.

先生、頭を持っていろんな方向に頭を曲げる。
上、右を向くと痛がり可動域が狭い。
左と下向きは大丈夫。

すると意外な結果が・・・。
まず、リンパではなさそう。(これは昨日と一緒)
溶連菌を調べて出れば、菌によるもので、痛くて
首が曲がっちゃうことあるあるから。
そうでなければちょっと首の曲がり方と、痛がり方がおかしいから
整形に行ったほうがいいよ。って、メディカルセンターを紹介するというのです。
スポーツ整形まである病院で、なんかすごい心配。
そういうとこに行かないといけないの?
何の病気?

「うーーん、小さい子が風邪をひいたときとかにもなることがあるんだよ。
でも、ちゃんと治るから早く見つけてカラーで固定とかしたほうがいいから
溶連菌が出なければ紹介状書くよ。」って、言いながら、もう書いてるし・・・。

つまり、溶連菌ではなさそうってことなんだろうな。

「先生がお疑いになっているのはなんて病名ですか」

「亜脱臼。」

くびのあだっきゅうて?
   頚椎の亜脱臼?  次回に続く

皮膚の病気

とびひ

先日、耳の後ろをぼりぼりひっかいている息子に
嫌な予感。

その耳の後ろに何が?

と覗いてみると、じくじくした膿がでて
皮がむけているというありさま。

「ぎゃあ〜〜〜〜、いつからなの?」

と聞くと、この前ぶつけてかゆかった。


超訳だなこりゃ。

つまり、この前ぶつけてちょっと切れちゃって
傷ができたけど治ってかさぶたができて
かさぶたがかゆくてひっかいたら皮がむけて
更にひっかいてたら黴菌ついて膿が出ちゃった。


ま、こんなところではないかと。

発見が学童にお迎えに行ってからだったため
おんなじように放課後に皮膚科を目指してきた
皆様と長〜〜〜いこと待合室ですごすことに。

1時間半雑誌を読み、マッサージチェアに座り
やっと回ってきた順番。

とびひですね。

って言われちゃいました。

とびひ」とは、正式名称を伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)と言います。



虫さされ・あせも・湿疹・すり傷などによって、
傷口から化膿菌が入り込んで水ぶくれが出来てしまいます。
皮膚の表面ので、細菌が感染してしまうものです。
いつも、土で汚れたその手でぼりぼり掻いて、
何か感染しちゃったのでしょうか。
この水ぶくれはすぐに破けてしまうのですが、中にいた菌が
あちこちに飛び散って広がってしまい新しい水疱ができてしまいます。
このような様子が「飛び火」に似ていることから、
とびひ」と呼ばれているんだそうです。
とびひに感染してしまったときには、一体何に注意しなけれないけないのでしょうか?
★石鹸を使って汚れや汗を洗い流し患部を清潔に保つことです。
★そして爪を短目に切って、綺麗な手でいられるように手洗いを習慣付ける。

とびひは学校伝染病になっています。医師にみてもらって登校許可がでるまでは登園・登校できません。治療して、とびひ病変部をガーゼや包帯できちんと覆って露出していなければ、概ね登園・登校許可を得られます。病変が広範囲の場合は休ませるほうがよいでしょう。


というわけで、とびひ疑いで
アクチム軟膏   (細菌の増殖を阻害することにより、殺菌作用を示す新キノロン系の外用抗菌剤です。通          常、おできやとびひなどの皮膚感染症の治療に用いられます。)
リンデロンVG軟膏(炎症をとるステロイドの“ベタメタゾン”と、細菌をおさえる抗生物質の“ゲンタマイ           シン”が配合されています。
サトウザルベ軟膏( いわゆる“酸化亜鉛”を含む軟膏)

上記3種類の混合軟膏が処方されました。


そして、息子の場合、夜綺麗に洗い軟膏を塗ったら翌朝
ほぼきれいに改善傾向。
本当にとびひならこんなにすぐにはよくならないはず、と思うのですが。
傷が乾いてよかった。
とりあえずセフゾンは(抗生剤)飲んでいます。


それにしても、母たる私が、派手な耳の後ろの傷に気付かないなんて。
ちょっとしょんぼりしてしまいます。




何かのお役に立てましたでしょうか?
お子さんの具合が悪く心配なさっている方々、
早く良くなりますようにお祈り申し上げます。
にほんブログ村 病気ブログ 子供・赤ちゃんの病気へ
にほんブログ村


目の病気 結膜炎

アレルギーでまた目がはれた(アレルギー性結膜炎)

5月の始めにキャンプ場でチャドクガのせいなのか、
眼がはれて、皮膚がぼつぼつになったばかりですが・・・・


先週末にまた目がはれて、可愛そうなカエルさんみたいに…。

いったい何のアレルギーなんだろう?
昨年ももこの時期にアレルギー性結膜炎になっていました。
確かにスギ花粉はややアレルゲンになっていますが、
どうも過敏になってるな〜っという印象。

こんなにぽってぽての眼。
かゆくてかゆくてひっきりなしにこすってるし。
ダメって言ったってかゆいですよね。
その手を止められない・・・・
その気持ちはよーく解ります・・。
私も、花粉の時期は目玉取り出して洗いたいもの。



で、またまた眼科に。
前回、点眼でよくなったので再診に行かなかったので

怠惰な患者

って、先生の中ではロックオンされちゃったみたい。


強い薬だと再診して続けるかきめないといけないから、
弱めの出しておきますから。
別に再診は来なくていいです。とは言わないけど
そんな感じでした。
原因はなんなんでしょう?ってお伺いしたら

はっ?そんなの調べなきゃわかんないよ


ですって。
かといって調べますか?なんていう質問もなかったな。


とりあえず、対症療法
かゆみ止めのリボスチンと、炎症を抑えるフルメトロン
5分あけて点眼。

これが今回の処方です。

ちなみに点眼の説明です。
リボスチン(livostin)は、抗アレルギー薬の目薬です。
リボスチンの主成分は、塩酸レボカバスチンです。
リボスチンは、アレルギー性鼻炎の解消に効果があり、花粉症対策に用いられます。
リボスチン点眼液は、第2世代抗ヒスタミン薬であり、
副作用が殆んどない目薬とされています。ちょっと安心。




フルメトロン0.1% (フルオロメトロン)
眼瞼炎、結膜炎、角膜炎、強膜炎、上強膜炎、虹彩炎、虹彩毛様体炎、ぶどう膜炎、術後炎症などの外眼部・前眼部の炎症性疾患を治癒する副腎皮質ホルモン剤。(抗炎症ステロイド点眼剤)
よく振り混ぜた後、1回1〜2滴を1日2〜4回点眼する。
副作用:感染症、眼圧亢進、緑内障、白内障、創傷治癒の遅延
こちらはステロイドですから、先生は軽めと言ってましたが、
強めの薬といえると思います。
かゆみを止める作用はがっつりあるんでしょうか、、ほとんど
眼をかゆがらなくなりました。
でも、長く使えない薬であり、長く使いたくない薬ですね。
先日出されたリンデロン点眼に比べると眼内移行しにくいのだそうで、
副作用もおきにくいといえるのでしょうね。
強さはほとんど同等だそうですが・・。


2日目にはすっきりよくなりましたが
リボスチンはまだまだ使っておきます。
フルメトロンも今回は5日は使うように、との事だったので
しっかりさしています。



何かのお役に立てましたでしょうか?
お子さんの具合が悪く心配なさっている方々、
早く良くなりますようにお祈り申し上げます。
にほんブログ村 病気ブログ 子供・赤ちゃんの病気へ
にほんブログ村
♡サッカー少年と親のための素敵な読本たち♡はこちら

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。