インフルエンザ到来!!ウイルス対策にはマジックボール♪
ポイント3倍?!セブンカードプラス

熱性痙攣

3年ぶりの熱性痙攣〜久々の救急車

久しぶりの、息子の熱性けいれんに慌てました。


朝、サッカーの練習に行こうと思ったけれど
なんとなくダルそうで、熱を測ると38度。


とりあえず、ゆっくりと過ごそうと、
なかなかないのんびりした1日をチョイス。
息子は、「サッカー行きたい」ってごねつつも
テレビや本、ゲームをしたり眠ったり
まったりと過ごしていた。


私はパソコンデスクに座ってちょっと調べもの。
娘は違う部屋で、各々の休日を過ごす・・・・・・。




で、テレビでは「かいけつゾロリ。」

熱にのぼせた息子が鼻血を出して、鼻に詰めた
ティッシュを外している。

「も〜〜何やってんの?もう少し入れておきなって〜〜」






・・・・・・・・・・・・・・







顔はテレビ、めはうつろ。
声掛けに全く反応せず。
触れてもゆさぶってもされるがままで
アクションなし。


おかしい。おかしい。おかしい。




硬直はない。
目に見えたけいれんはない。けどおかしい。


は?ふざけてんの?うそでしょう?



って、しまいには大声でほっぺをぺちぺち・・

でも、反応なし。ぼ〜〜ッと目をあけたまま
ただ呼吸してる。深く。
んんんん・・・って何か言いそうで言えない、
そんな雰囲気。


ただならぬ私の声に、違う部屋の娘が
飛んできた。
すぐに119番して受話器を私に渡す。
「荷物は何を準備する?」
「救急車来るから玄関の鍵あけとくよ」



頼もしくなったものだ。

以前は泣きながら部屋中を動き回っていた娘。
今回は、もう熱性けいれんなど起らないと思っていただけに
私のほうは慌ててしまい、泣きわめいてしまった。



そうこうするうちに、急にがばっと立ち上がった。

と思ったら、後ろに倒れそうになる。
体を支えると、力が抜けて座り込む。
相変わらず返事はない。
なんとなくこっちをにらんでるみたいに見えるけど
目は合わない。


テレビではかいけつゾロリが流れたまま
こっちはいっこうに解決せず・・・。
私、苦しくて吐きそうだ。



救急隊到着までほんの3分くらい?!
本当にすぐに駆けつけてくださった。



救急隊の方がどどっと部屋に入り息子に
話しかける。
名前もこたえられる。
ちょっとのろい感じだけど。
しかも、歩ける。
救急隊の方と歩いて救急車に乗り込む。

私はあとから乗り込むと、サーチレーションモニター、が
ぴっぴっと規則正しく響いている。98位を保っているので
呼吸は大丈夫。(以前は酸欠で真っ青になったことがある)
話をしているが、独特のハイテンションで、いつもと違う
のは、私と娘には明らか。
救急隊には、ごくごく普通の元気な少年に見えたかもしれないけど。

さて、ここからだ。

私の住んでいる地域では、
夜間休日診療所というシステムがあり、
休日の診療はここで受けることが前提になっている。
しかし、ドクターは輪番制で、子供を見てくださるのが
小児科医とは限らない。
もちろん、内科の先生が小児科を診療するのは可能だけれど
小児科医とは目線が違うように感じる。


実際、2回目の熱性けいれんを起こした時に内科の先生に
見ていただき(いつもの先生の休診日)
「2回起こしたら脳波を取らないといけません。紹介状
かきます。てんかんかもしれない」
って、言われました。
翌日、改めて小児科の先生に診ていただき
その時の状況から、あくまでも「熱性けいれん」
2回の熱性けいれんでてんかんを疑い脳波を取る必要はないことを
説明された記憶があります。


小児科独特の疾患、症状は、やはり、小児科の先生のほうが
鋭く見抜けると思う。
そして、小児科医も先生によって得意とする分野があるから、

熱性けいれんの既往があり複数回起こしている。
1回目は重責発作を起こしている。
そんな息子の今回の異常な症状は、まず、やはり小児神経科の先生に診ていただきたい、
この状況で、贅沢といわれるかもしれない。けど、これが本音。

でも、現実はそうはいかない。

県立こども病院では受け入れは(脳波検査でかかっていたのだが)
当然無理だった。
そして、こども病院で小児神経科の医長をしていらした先生の
「そ〇こどもクリニック」も
かかりつけなので電話をしてみたが、祝日でもあり当然
留守電対応。



そして、休日診療所に救急搬送される。



で、診察室に入ると、びっくり。
先ほどお電話させていただいた
「そ〇こどもクリニック」の「た〇べ先生」
が座っているではありませんか。
ものすごくほっとした。
こどもの痙攣の専門家といえる先生がたまたま
今日の休日診療所の当番医だったなんて。
本当にありがたい。ハート(トランプ)感謝ハート(トランプ)


先生のアセスメント。
今回の異常な症状について。

8歳の少年。昨日まで元気にしていた。
今朝から38度の発熱。痙攣時も38.3度。
咳があり喉も多少赤い。
熱性けいれんの既往あり最終発作は4歳。
テレビを見ていて意識消失。

「2つの可能性があります。1つは失神。
 もうひとつは痙攣。」

そこからさらに。

ぼーっとした感じが長い。断片的に記憶があるが
その時のことがはっきりしない。
失神は覚めるときぱっと元に戻る。つまり、今回のは


「痙攣」

8歳という年齢から、てんかんを疑う私。

ですが、「明らかに熱性けいれん。1回目は重責でしたが、
明らかな高熱を伴ったもの(突発疹で40度でした)
過去に起こした時も
すべて発熱という異常が伴っていることから、
今回のものも熱性けいれんであって、てんかんとは
いえない。この子は熱性けいれんを確かにおこしやすいん
ですが、4年生もすぎれば起こさなくなってきます。
だいじょぶだいじょぶ」と言われました。



そして、ダイアップ


「いらないでしょう。いつも発熱してすぐ起こして2回目は
起こさないタイプだから。万が一、1日のうちで2回起こすことがあれば
ちょっと心配しなくてはいけませんが、おそらく息子さんは起こさない。
念のためにお守りにダイアップを出しときますから、起こしそうなら
、もしくはおこしちゃったらすぐ入れてもいいです。
ねむり薬のようなものですし。」




ほっとした。


風邪をひき、発熱に伴う、熱性痙攣であること。
また起こす可能性もある。でも一生起こさないかもしれないこと。
あと2年もすれば心配は小さくなること。
診察中、ほぼいつもの息子にもどっていること。


ここまで確認して


ほっとした。



昨日、もっと働こうかな、なんて話を夫としていたんだけど、
あと2年は人任せにはできなそう。



この数日、熱性けいれんの記事へのアクセスがとても多かったです。


お子さんの心配をされている方が多いんだろうなと胸が痛みます。
とくに、複雑型熱性けいれんで検索されてくる方が多いようです。
うちの息子も、まさに複雑型熱性けいれんです。
だからと言って、数年後に熱性けいれんの全くない人と
比較したときに、なんら違いはないと、先生には言われました。
でも、わが子の痙攣を落ち着いて見ていることなど、できませんよね。




何かのお役に立てましたでしょうか?
お子さんの具合が悪く心配なさっている方々、
早く良くなりますようにお祈り申し上げます。
にほんブログ村 病気ブログ 子供・赤ちゃんの病気へ
にほんブログ村





この記事へのコメント
初めまして。我が家も先日、七歳の息子が熱性けいれんで入院しました。いつも重責ですが…
今回は前までの教科書通りのけいれんと違って、目は開いて腕など普通に動くものの、呼び掛けに返事がないと、この日記と同じ感じでした。
私も2年ぶりで、2年生にもなったし、ダイアップを入れずに様子を見ていた矢先の出来事でした。
後日脳波を検査します。その結果が出ないと、なんとも言えないのですが、今のところ、熱さえなければけいれんを起こさないので、親としては、てんかんにはならないと希望をもっています。
また、覗きに来ます。ありがとうございました。
のりのすけ
のりのすけさんへ。

うちも2年生の時のことで・・。まさに同じような状況です。「心ここに非ず」という感じで、がくがく痙攣するわけでなく、泡を吹いてるわけでもなく・・それがまた心配で・・・。

脳波の検査結果が出るまで、ご心配なお気持ちだと思いますが、
てんかんというのはあくまでも無熱性痙攣がある程度の頻度で起きるときに診断がつくそうです。ですから、「発熱を伴っている」時点で、
あくまでも熱性けいれんという診断になるのではないかと思いますよ。

私はいつも、これが最後の痙攣であってほしいと願っています。きっと、のりのすけさんもおんなじ気持ちかと思います。
同じ症状を心配されている方の声を聴くことができて、心強いです。

コメントありがとうございました。



ピンキーママ
今まさに痙攣が起きてしまいダイアップを入れて眠り込んでしまいました。
朝は熱なかったけどずっとヒドく咳こんでいて体調不良が続いてた。
現在8才の娘が熱性痙攣したのは8ヶ月の時。
以来、熱の度に痙攣。20回近くなってます。
救急搬送は2回。普段からフェノバールを服用しています。定期的に脳波と血液検査、尿検査を受けてダイアップは熱があれば使うようにしています。
もう何度見ても慣れません。嫌ですね。
そんな娘ですが、何でもないときはおてんばきかんぼう暴れん坊!けして熱性痙攣を理由に甘やかしはしていませんが、そのギャップにヤレヤレ…といった感じ。
親ってこんなに大変なんですね。

コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/236662771
この記事へのトラックバック
♡サッカー少年と親のための素敵な読本たち♡はこちら

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。