インフルエンザ到来!!ウイルス対策にはマジックボール♪
ポイント3倍?!セブンカードプラス

環軸関節回旋位固定

首が痛いよ

首が痛いよ」  って、右の耳下から首のあたりを腫らしていた息子。

首が左に傾いちゃってるし、触ると痛がるし、おまけに微熱と鼻水。
風邪症状顕著だし・・・
こりゃあ、何かに感染してリンパ節を腫らしている、って考えるのが
普通でしょう?妥当でしょう?
ってことでリンパ節炎疑って受診することにしました。


小児科に行って症状を訴えました。
いつものところがお休みの日だったので、時々見ていただく小児科へ。

すると、意外な答えが・・・・・。




リンパって感じではないよ。これは、筋肉が張ってるような感じ。
寝違えた?


・・・とのお言葉。
ナースな私の誤りでリンパ節炎にされちゃった息子も
なーんだ。じゃあ検査いらないね。って安心顔。
(溶連菌のけんさくらいするかもよ、って脅していたから。のどぐりぐりは
嫌ですものね。)

で、ありがたく鼻水のお薬のみ持ち帰り、ラーメン食べて午後から登校。


首痛いけど・・・・
斜めになっちゃってるけど・・・・
普通に元気だし。って思っていました。が、これでは済まなかったんです。



翌日、仕事中に小学校から電話。担任の先生から
首が痛いって今日はじゅぎょうに出られそうにないと、保健室にいます。
迎えに来てください。」って。

私も訪問看護中で「今ここを出られそうにないので」すが、
大事な息子のこと。気になって気になって
仕方なくて、何とかおばあちゃんにお迎えを頼めたので、
次の訪問先は同僚にお願いして息子と合流。

朝見て以来の息子の顔を見ると、
なんか・・またまがった?
ような・・・首が。


で、今度はいつもの小児科へGO.

先生、頭を持っていろんな方向に頭を曲げる。
上、右を向くと痛がり可動域が狭い。
左と下向きは大丈夫。

すると意外な結果が・・・。
まず、リンパではなさそう。(これは昨日と一緒)
溶連菌を調べて出れば、菌によるもので、痛くて
首が曲がっちゃうことあるあるから。
そうでなければちょっと首の曲がり方と、痛がり方がおかしいから
整形に行ったほうがいいよ。って、メディカルセンターを紹介するというのです。
スポーツ整形まである病院で、なんかすごい心配。
そういうとこに行かないといけないの?
何の病気?

「うーーん、小さい子が風邪をひいたときとかにもなることがあるんだよ。
でも、ちゃんと治るから早く見つけてカラーで固定とかしたほうがいいから
溶連菌が出なければ紹介状書くよ。」って、言いながら、もう書いてるし・・・。

つまり、溶連菌ではなさそうってことなんだろうな。

「先生がお疑いになっているのはなんて病名ですか」

「亜脱臼。」

くびのあだっきゅうて?
   頚椎の亜脱臼?  次回に続く

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/303179467
この記事へのトラックバック
♡サッカー少年と親のための素敵な読本たち♡はこちら

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。