インフルエンザ到来!!ウイルス対策にはマジックボール♪
ポイント3倍?!セブンカードプラス

手足口病

手足口病

手足口病

小さなお子さんがいらっしゃれば、
たいてい見に覚えある、
おなじみの・・・じゃないでしょうか?

手足の水疱と口内炎ができる夏風邪の一種で、
5〜8月ぐらいに流行し、潜伏期間は3〜7日ぐらい。
手と足と口に水疱ができるのが病気の主な
症状ですが、最初の1〜2日の間に熱が出ること
もあります。

ただし、手足口病は熱といっても、
38℃の熱が出る子供は
全体の30%ぐらいで、ほとんどの子供は熱は出ません。

我が家のこどもは、2歳くらいの時に
手に2,3個ぽちぽち、足に2,3個ぽちぽち。
熱もなくて、口の中もほとんどなし。
でも、当時は手足口病は、保育園を
お休みしないといけなくて元気な子供を
どこに預けようか?と、困ったものでした。
今は?ようやく

幼稚園や学校を休む必要はないということに。

軽い病気なので、わざわざ休ませる必要は
ない、ということをいわれています。

水疱は3〜5日ぐらいで消えてしまい、
あとが残ったりすることはありません。
主に発疹が出る部分は手・足・口ですが、
場合によってはお尻〜大腿にも出ることがあります。
また、発疹の部分のかゆみや痛みは起こらないのが
普通ですが、場合によっては、軽い痛みを感じる
こともあるようです。

ごくまれに髄膜炎になることがあるので注意は
必要ですが、通常は、からだ全体に対する影響は
鼻かぜ程度のものと考えてよいと思います。
ただし、小さな子供で口の中の発疹がひどいと、
食事がとれなくて脱水傾向になることがあるので注意が必要です。

手足口病のウイルスは、本来、胃腸かぜのウイルスの一種ですので、多少下痢っぽくなることはありますが、ひどい下痢になることはそれほどありません。

手足口病はウイルス感染症ですので、他の子供に
もうつる可能性はあります。
ただし、通常は鼻かぜ程度の病気ですし、
一度かかると鼻汁からは2週間、便からは4〜5週間もの間
ずっとウイルスは排出し続けるため、
あまり厳密に隔離しても仕方がないと思います。
この辺が、保育園を休ませる必要があるのか?
と、いわれるようになったところなんでしょうね。
熱が出たりした場合ば、一般的な普通の風邪と
同じような対処をする必要がありますが、
発疹があるということ以外に何も症状がなければ、
幼稚園や学校を休む必要はありません。


手足口病の薬としては、
熱や咳・鼻水があるときに風邪薬ぐらいは出しますが、
発疹に対しての塗り薬はありません。(もちろん、つぶれて細菌感染が起こった場合には、抗生物質の軟膏を処方しますが、単に発疹があるというだけで塗り薬を出すことはないということです。)

病気の位置づけ、捉え方は
どんどん変わっていきます。
現状はこんな感じですが、手足口病
かかったこと、
ありますか?


ところで、この手足口病、子供だけのものと思っていたら
大人でもあるんですよ。
ちょっと驚きます^^
りんご病も、大人もかかるというから
益々驚き。
可愛いネーミングですが、りんご病は
伝染性紅斑という難しい本名があるのです。

何かのお役に立てましたでしょうか?

ランキングに参加しています。
いつも応援ありがとうです。
にほんブログ村 病気ブログ 子供・赤ちゃんの病気へ
にほんブログ村
♡サッカー少年と親のための素敵な読本たち♡はこちら

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。