インフルエンザ到来!!ウイルス対策にはマジックボール♪
ポイント3倍?!セブンカードプラス

ヘルパンギーナ

ヘルパンギーナとは

ヘルパンギーナとは


夏風邪の一つ。乳幼児の間で流行しやすい夏かぜの一種で、38〜40度の高熱が2〜3日続きます。
のどの奥に小さな水ぶくれができます。これがすごく痛いので、飲んだり、食べたりができなくなることもあります。
水分が十分にとれないと、脱水症になることもあります。

うちの息子も高熱を出して
びっくりしたことがあります。

ここでは、ヘルパンギーナについて詳しく
ご説明をしたいと思います。

好発年齢
1才前後〜10才までの、
小さな子供に多く見られる病気で、
4才までに70%もの子供が感染すると言われています。

【ヘルパンギーナの原因】

ほとんどが、エンテロウィルスの
飛沫感染によるものですが、流行性のものは、
A群コクサッキーウイルスによるものです。

【ヘルパンギーナの症状】
水ぶくれが破れて潰瘍になり、
痛いので機嫌が悪くなることが多いのが特徴的です。

突然39度の高熱が出て、
のどの奥に小さな水ぶくれがたくさんできます。

よだれがたくさん出るようになり、
飲んだり食べたりもしにくくなります。

熱は2、3日で下がるのですが、
水ぶくれが治まるのは1週間ほどかかるため、
しばらくは不機嫌な状態が続くかもしれません。

【ヘルパンギーナの治療方法】

「特効薬」はなく、症状をおさえる治療が中心です。
熱やのどの痛みをおさえる薬(解熱鎮痛剤)を使います。

痛くて食欲がなくなります。
っていうか、たべたくてもたべられない。
そんな状況です。
すっぱいものや、しみるものは避けて、
刺激の少ない口当たりの良い
食べ物を与えてあげてくださいね。

また、食欲がなくても、水分だけはとらせるようにしましょう。
高熱が出ることもあり、
自宅では水分の補給に心がけましょう。
イオン飲料、麦茶などあっさりしたものが
飲みやすかったです。
40度を越す高熱が続く場合や、嘔吐したり、
不機嫌な状態が長く続いたりする場合は、
無菌性髄膜炎の心配もあります。
おかしいな、と思ったら、早めに医師の診察を受けましょう。

【ヘルパンギーナの二次感染】
発熱してから2、3日までが、
最も感染しやすい時期なので、兄弟がいる場合など、
周囲の人は注意が必要です。

予防ために、手洗いをしっかりと行いましょう。
患者のタオルは別にしておいた方が良いですね。

患者の便には、感染してから1ヶ月ほど
ウィルスが出ている可能性があります。

治ってからもしばらくの間は、
おむつ交換の時など、手に触れた後は、
しっかりと手洗いをしておく必要があります。

■園や学校
熱が下がり、のどの痛みもとれて、食事も含めて普通の生活に戻ってからです。(学校伝染病に指定されていて、「主な症状がなくなってから2日間」過ぎたら、出席できることになっています。)


以下の場合は念のためもう一度診察を
■のどの痛みが強く、水分もまったくとれないとき。
 点滴が必要な場合もあります。

■高熱が何日も(4、5日以上)つづくとき。

■元気がなくぐったりしているとき。


季節が暑くなってくると、よく聞く病気です。
痛いということを小さなお子さんは上手につたえる
事ができませんので、高熱、食欲不振、機嫌が悪い、
等、の症状があるときは、疑える疾患の一つかと思います。
実際、息子は2歳くらいのとき、
4歳のとき、この3点でヘルパンギーナにかかり、
高熱を出しました。




何かのお役に立てましたでしょうか?
お子さんの具合が悪く心配なさっている方々、
早く良くなりますようにお祈り申し上げます。
にほんブログ村 病気ブログ 子供・赤ちゃんの病気へ
にほんブログ村
♡サッカー少年と親のための素敵な読本たち♡はこちら

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。