インフルエンザ到来!!ウイルス対策にはマジックボール♪
ポイント3倍?!セブンカードプラス

突発性発疹

突発性発疹とは


突発性発疹とはなんぞや潜伏期間は5〜15日間
38〜40度の高熱が3〜4日続き、熱がさがると共に全身に赤い発疹が出現する。
発疹は、3〜4日で消え、跡は残らないそうだ。
発熱時も、赤ちゃんの機嫌がよく、食欲の減退もみられないケースもあるという。
発疹が出るまで、突発性発疹かどうかはっきりした診断がつかない場合が多く、
しかも、生まれて初めての発熱である場合が多い。
初めての発熱で派手にヒートアップし、スリル満ちた病気といえるかも。
うちの息子は高熱、それも40度近くが5日も続きました。
1日目で痙攣し、入院。入院中も不明熱な扱いでしたが、6日目にぼつぼつが・・・
ああ、突発疹か。と、原因がわかりほっとしたのを覚えています。
突発性発疹の病名で使われている「突発」が、どんな意味か分かりますか。
そうです、「急に」という意味です。熱が下がったあと、突然に発疹が顔や体に現れてくるので。(よく、「治ったしるしだよ」といわれているそうですよ。)


原因
ヒトヘルペスウイルス6型というウイルスに感染しておこります。
ヘルペスの一種なんですね。水ぼうそうもその仲間。
最近ヒトヘルペスウイルス7型が発見され、
このウイルスでも6型と同じ症状をひきおこすことが判明しました。
突発性発疹のウイルスは病気が完治しても体内にひそんでいるという。
ウイルスを持っている家族や身近な大人の唾液などから赤ちゃんにうつると言われている。


好発年齢
2歳までに90%の子どもがかかると言われてます。
生後6ヶ月〜12ヶ月に集中。母体からもらった免疫が切れる時期と重なってるのかも。
うちの息子は11カ月でかかりました。
まんまと初めての発熱で、しかも、痙攣まで起こして入院しました。


合併症について
発熱時、のどがはれたり鼻水がでたりなど、粘膜の炎症がみられることがあるそう。
また、下痢を伴うことも…。ごくまれーに脳炎も…こわい!けいれんには気をつけよう。


■発疹が少なかったので、感染に気付かなかった。(そういうことも少なくはないそうだ)
■微熱しか出ず、発疹が出たので突発性だと分からなかった。(熱が高くならない場合もあるそうだ)
■2度かかった。(6型にかかったあと7型にかかるということが、全体の10%程度の割合で起こるようだ。)
■熱性けいれんをおこした。(病院へ行ってください)



高い熱がつづきますが、それだけで「頭がおかしくなる」ことはありません。
とくに寒気がないようなら、むしろ本人は暑いはずなので、
手足をだしたりして、過ごしやすくしてあげて下さい。うちの息子は
病院に搬送され、40度を過ぎるお熱でしたが、おむつ1枚にされました。
当時11カ月。着せすぎ、掛けすぎは熱をこもらせてしまいますので、注意が必要ですね。



保育園の登園は熱が下がって1日経てば登園させても大丈夫です。このときまだ突発性発疹による赤い発疹が体に残っていても差し支えありません。

熱が出ている間はいくら弱い感染力の病気といえども人へ感染させる恐れがあるため外出も禁物です。熱が下がれば感染力もなくなりますので、元気があるようならば、登園はもちろん外出もOKです。


何かのお役にたてましたでしょうか?
にほんブログ村 病気ブログ 子供・赤ちゃんの病気へ
にほんブログ村


♡サッカー少年と親のための素敵な読本たち♡はこちら

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。