インフルエンザ到来!!ウイルス対策にはマジックボール♪
ポイント3倍?!セブンカードプラス

便秘の子供

子供の腹痛 左はおそらく…便秘

久しぶりに慌てました。

うちの息子の痛がり方が尋常じゃアないから。

先週末、お宝やにカードを売りに出かけた息子と父親。
途中で父親より連絡アリ。
「2000円にはなると見込んで出かけてきたのに250円だって」
「そーとー気落ちして具合が悪くなったらしい。
腹痛腹痛
・・・・・・・・・
笑えない。めったに腹痛なんてならないけど
痛がった時は救急搬送されるくらいだから、この子は。
・・・で、すぐに帰宅してもらうと、

顔の色悪っ。
まっすぐ立てない痛み。
うううってうめいている。
あらあら熱が、37.5度あるよ。

悪いもの食べた覚えないし、かぞくみんな無事なんで
食中毒は否定。風邪からくる腹痛だろう、と受診させることに。
慌てたのはこの「受診」
明日は日曜だし、何とか今日診てほしいのが親ごころ。
なんだけど
見てくれるところが本当にない!土曜の昼時。
かかりつけも、近隣のよさそうな小児科も
大変混雑していてるし、予約は終了ってことで、のきなみ断られてしまう。
解っちゃいたけど、これほどとは。とほほほ・・・
それでも一件、親切にも「いいですよ〜」と。
予約もしていないのに
最後に入れてくれた優しいお医者様がありました。

そしてさてさて診察ですが。
猛威を振るうインフルエンザですから、発熱とぐったり感で、まずは
あの検査。はなぐりぐり。
(この時点、まだ熱が出たばかりだからマイナスでしたが、後日きっちり
検査1秒でプラス判定出ました。)
そして、腹痛。右はなし。左の臍の上、ひどい圧痛。医師に押されて
うううううっ!!!
そーかー。そーだよね。やっぱり。

先生の診断

左の腹痛、ほぼ間違いなく便がたまっちゃってると思うから。
浣腸しようか。」

うちの息子、毎日のようにお通じあります。
でも、それでもたまってしまうことがあるんですね。
以前、七転八倒の腹痛で、救急搬送された時も
レントゲンで見ると、便が詰まっているってことがあったんです。
しばらくはおなかを気遣って、カイテキオリゴを飲んだり

ヨーグルトとか気を付けていたんですが
当時も今もお通じあるんで、油断しました。

結局浣腸でガスも出て、多少のお通じがあって
そのあと大量のお通じあって、すっきり痛みは取れました。

皆様、今回の私がもらった教訓
教訓:左の腹痛はほぼ便秘によるもの。
   毎日でててもたまっていることはある。
   インフルエンザの検査は、症状で手から12時間以上たってから。

あ〜あ。私が、食べるものでおなかの調子を整えることができて、
インフルエンザの検査は時間をおいてからつれていく、この二つができてたママだったら。
息子に浣腸なんてやな思いと、結局2かいも鼻ぐりぐりすることなんてなかったのに。
ごめ〜んね。



またカイテキオリゴ

発注しようと思います。(笑)


便秘の子供

赤ちゃんが便秘する?

■赤ちゃんの便秘って経験ありますか?
赤ちゃんのうんち、って、どちらかというと
柔らかい、泥状や軟便のイメージありませんか?
でも、便が出なくて悩んでいるママは意外に多いようです。


よく、母乳は下痢や便秘になりにくいといわれていますが、
母乳育児をしている人の中にも赤ちゃんの便秘で悩む人も
いらっしゃると思います。
(私は2人の子供を母乳で育ててきましたが、下痢や便秘の
消化管異常については
ほとんど起こしたことがなく、母乳って楽なんだな、
と思いました。)
一般的には、母乳の方が多ければ便秘になる確率は低く、
ミルクの量が多ければ便秘になる確率が高いということです。

かといって、ミルクを飲んでいる赤ちゃんが、
100%全員便秘になりやすいというわけではありません。

新生児の頃は消化機能が未熟なため、その赤ちゃんのためだけに
受注生産される母乳がいちばんやさしいのでしょうね。
だから、胃腸の不調をおこしずらい、ということなのでしょうか。



ほとんどの赤ちゃんは便秘にはなりません。
・・が、母乳を飲んでいるのにうんちが出ない!!
とご心配の方々・・・。結構いると思います。
実は、母乳は消化吸収がいいのでカスになるものが少なく、
ウンチはある程度の量が溜まらないとなかなか出づらいものなのです。
溜めてから出すという赤ちゃんもいるのです。
心配しすぎないでくださいね。

■便秘の赤ちゃんとは・・


顔を真っ赤にしていきんでいても、中々排便できない。
硬い便をして肛門が切れることがある。



泣きながらうんちすることありませんか?
おまるに30分も座っていることありませんか?

赤ちゃんも、大人同様、その子によって排泄習慣は様々です。
1日に何度もする子や1回の子、1日おきの子もいます。
ですから、2日でない→便秘、というような判断は
違います。その子自身のペースをよく見てください。
いつも2日に1回ならば、それがお子さんの排便習慣
なのです。




■赤ちゃんの便秘の対処

・おなかのマッサージ・・ゆっくりと優しく腹部を時計回りにマッサージしてあげましょう。

・肛門を刺激する・・・綿棒にオリーブオイルをしみ込ませ、
肛門を刺激してあげてください。これで便意をもよおして、
思いがけず便が飛び出すこともあるようですので注意してくださいませ。

・水分の摂取も大事です。お水が足り開ければ当然便は固くなります
母乳やミルクは十分に足りているでしょうか。
お風呂のあとに白湯やお茶などは飲ませていますか?


・食事で対処

離乳食が始まっている赤ちゃんでしたら、食事に気をつけましょう。
食物繊維の多いサイツマイモや豆類などや野菜スープもいいでしょう。
おやつはスナック菓子(まさか?赤ちゃんは食べませんよね)
やパンなどよりも、寒天ゼリーなどがお勧めです。

・食べ物でどうしても出ない場合、麦芽糖から作られている、
水あめ状のマルツエキスというものがあります。
これを水に溶かして飲ませるのも効果があるでしょう。


また、上手によいサプリメントを使っていくのも
改善に役立つかもしれません。

私は、小さなお子様にも安心して飲ませることができる
カイテキオリゴさんに賛同しております。
以下、カイテキオリゴさんのページから






「赤ちゃんのスッキリ」に悩んでいるママへ

 
〜悩んでいるのは、あなただけではありません〜



本来、赤ちゃんはスッキリ出来ないことはありません。

なぜなら、生後まもない赤ちゃんのお腹は

腸内細菌の約90%が善玉菌(ビフィズス菌)という状態で、

これは、本来ならば“スッキリ出来る腸内環境”だからです。


そのため、医薬の世界では“赤ちゃんがスッキリできない”

という概念自体がありません。


でも、実際のところ、どうなのでしょう。


実は、今、赤ちゃんがスッキリ出来ずに

悩みを抱えているというのがとても増えています。


なぜなら、「母乳の栄養の偏り」や

「粉ミルクを使うことが多い」という

赤ちゃんの食の環境が変わってきたからです。


しかし、前述したように医薬の世界では

「赤ちゃんがスッキリ出来ないとことはない」

という前提なので、

はっきりとした療法が確立されていないわけですから、

ママ達は、“一体どうすれば良いの?”

という状況に陥ってしまいます。


“とにかく我が子がスッキリできない状態を何とかしたい”

そう切実に思っていても、具体的な手段を見つけるのは

困難なのです。








なぜ、『カイテキオリゴ』が

子供のスッキリに悩むお母さん達に選ばれているか。

赤ちゃんがスッキリできないのが続いてしまい

苦しそうにしている場合、どうしても無理やり・・・という方法を選んでしまいます。


大人もそうですが、一時しのぎの処置で、

できれば、何度もしたくないですよね。



生まれたばかりの我が子には

「自然にスッキリさせてあげたい」

というのが、ほとんどの親の共通意見
です。


いつも“安全で自然なスッキリ”をさせてあげたいのが親心。




『カイテキオリゴ』が選ばれている理由は、

 
お母さん達が選びたくなる2つの優れた性質にあります。








■安心と信頼


オリゴ糖はビフィズス菌の大好物です。


だから、赤ちゃんのお腹のビフィズス菌が元気になって


痛みを伴わない自然なスッキリを促します。




そして、“オリゴ糖は母乳にも含まれている成分”


ですから、安心してお召し上がり頂ける食品です。








■食べさせやすい。


味はお砂糖の1/5程度の甘さでほんのりと甘さです。

溶けやすい粉末状ですので、

水やお茶、ミルクにも簡単に混ぜることができますし、

お粥などにいれてもほんのり甘くなって

赤ちゃんが美味しく摂取できます。



だから、『カイテキオリゴ』を

毎日の食事に少しプラスするだけで

無理なく簡単にしっかりと赤ちゃんの毎日のスッキリを

手に入れることができます。






実は、『カイテキオリゴ』は

日本で一番選ばれているオリゴ糖なのです。




そうは言っても、他にも色々なオリゴ糖はあるし、

他でもいいんじゃないの?と思われたかもしれません。


しかし、親にとって子供は命より大切なもの。

“本当に安心できるもの”を選びたいですよね。


皆さんがよくご存知のオリゴ糖は、

シロップ状の物ではありませんか?

実はシロップ状のオリゴ糖は、甘味料としての物で

オリゴ糖の成分自体はたった30%程しか含まれていません。


『カイテキオリゴ』が、

期待できる健康食品かどうか。


それは、販売者から買って下さい。という

一方的なメッセージだけではお伝えすることができません。


販売個数は65万個を突破、ご愛用者は10万人を超えています。



その結果、今では「日本一売れているオリゴ糖」※として

皆様に信頼をいただいている商品です。

※2010年3月現在 日本能率協会総合研究所調べ


【体感できて信頼できる品】

だからこそ、皆さんに選ばれているのです。


ですから、どうぞご安心してお召し上がり下さい。

そして、今すぐ赤ちゃんのスッキリ生活にお役立て下さい。


▼『カイテキオリゴ』

 
もっと詳しく知りたい&ご購入はこちら!


"http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1TX3ZA+16V8C2+1KO+U2E1U" target="_blank"










日本一のオリゴ、試してみませんか?





何かのお役に立てましたでしょうか?
お子さんの具合が悪く心配なさっている方々、
早く良くなりますようにお祈り申し上げます。
にほんブログ村 病気ブログ 子供・赤ちゃんの病気へ
にほんブログ村






次回は、気を付けなければいけない
便秘の症状。「ヒルシュスプルング病」という疾患、
それから「肥厚性幽門狭窄症」について
書いていきます


♡サッカー少年と親のための素敵な読本たち♡はこちら

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。