インフルエンザ到来!!ウイルス対策にはマジックボール♪
ポイント3倍?!セブンカードプラス

インフルエンザ

秘めごとではすまされない

秘めごとではすまされない

この記事は、
白衣のペテン師ピンキーママは兼業主婦という、
私の別ブログで数年前に掲載した記事を
引用しています。
あえて、インフルエンザの時期でない今、
冷静にインフルエンザのことを考えるにはいいかな、と思い
引っ張ってきました。
5日間にわたってお付き合いいただきありがとうです。
一般的なインフルエンザの概要や症状ではありません。
この記事に対するコメント等ご覧になりたい方は

こちらまで



以下引用

マーガリン蔵の記事に
たくさんのコメント、ありがとうございます。
私自身、あの味の虜でしたから
自分から情報を得るという行為なしには
益々自分の血管を詰まらせる方向へ・・・・・ぶるぶる



  静かに忍び寄る恐怖です。





こういうことって、「うそをつかれた」わけでは
ありませんよね。

ただ
大きな声で言わないだけで。
でも、いちばん、大きな声で言って欲しいこと
ですよね。



   せめて、煙草のように


「すいすぎは健康を害します」的な表示、
あってもいいんでない?




    

そこで、もうひとつ、




  うそはついてませんが言わないだけ





で、私の背筋がぱっきぱきに凍った
こと。

それは・・・・・・

1。チメロサール thimerosal
(水銀が原材料の保存料:水銀は身体に有害。
注射により体に毒物が溜まっているせいか、
アレルギー、アトピー、自閉症、多動症、
発育遅れとの関連を指摘する専門家もいる)

2。ホルムアルデヒド formaldehyde
(ウィルスを死滅させる:シックハウス症候群を
引き起こすので有名)

3。アルミニウム aluminum
(免疫補助剤:無機のアルミは身体に有害)

4。エチレングリコール ethylene glycol
(殺菌剤 :通常、凍結防止剤に使われている物)







何に入っているかって?




 それは、予防注射

っていうではないですか〜〜〜!!


知らなかった。

もちろん、インフルエンザワクチンにも・・・・。
最近は水銀なしのものもありますが、
そちらは値段が高いので、水銀入りを
つかうところもあるとか・・・。





コレを知ったときの私・・・・・・。

なんか情けなかった。


私は自分が数年前、インフルエンザワクチンを打った後
とんでもない全身状態になり、初めて
色々調べてみたヒトです。
もちろん小学校のころから、ズ〜っト強制的に
打たれていた年代。しかも、鉄砲注射という
針が使いまわされたあの時代です。
私のママも、私も、何の疑いもなく
毎年うちまくってきたんですもの。
食品の添加物ではなく
直接注射で体の中に




水銀(っテ、毒ですよね?)



ホルムアルデヒト



(って、発癌物質ですよね)




アルミニウムっ(って、


アルツハイマーに関係するよね)




こーーんなのを、知りもせず
体の中に入れてきてるんですよね。私。



やだやだやだ〜〜〜〜







たとえワクチンに効果があったとしても
この毒物を毎年体に入れて
自分の免疫が誤作動するんじゃないか?
心配です。発がん物質かどうかの調査もしないそうです。
予防接種は。

大人は一回0.5ML、何十年も打ち続けたら
どういうことになるんでしょう?
素直にそう思ってしまったんです。


これが、私が打たない理由のひとつなのです。
こどもに打たせたくない理由のひとつで、
自分の免疫強化を意識する大きなきっかけ
でもあったのです。



小児科医の毛利子来先生のサイト
よく参考にさせていただいております。

以上引用



■ランキングに参加してます!
いつもオーエンありがとうです。
1クリックうれしいです。
にほんブログ村 病気ブログ 子供・赤ちゃんの病気へ
にほんブログ村




インフルエンザのこと、タミフルのこと、予防注射のこと
色々考えちゃってる私の思いを正しくお伝えすることは
できたかどうか・・・・。

自分自身もきっかけがなかったら、言われるままに、
当たり前に、予防接種も打ってきたと思うし、
こどもにも打たせてきたと思う。
スケジュール通りに予防接種を済ませるのは当前で、
そうすることが、いいママだと思っていたから。

でも待って。
みんながやっていることだから、いいことなのかな?
人と違う考え方をしてはいけないのかな?
 
 先日娘が学校からのお手紙を持って帰ってきました。
麻疹の予防接種のお手紙です。
彼女は1歳ぴったりに麻疹の予防接種をしました。
他でもない、私が麻疹で生死の境をさまよった人間だから。
麻疹は命を落とすかもしれない、って恐怖があり、
早く済ませたかったのです。

今回のお手紙は、追加接種のことです。
娘より数年後に生まれた子供たちは、2回接種に
なっているのです。
それで、追加接種を!!ということなのですが。
ここで引っかかるのが、学校側の説明で、

「マシンの予防接種をうけましょう。日本はアメリカに
麻疹を輸出してるなんて言われています。
はずかしいことです」

というところです。
本当にそうなんでしょうか?
違和感を感じました。
前橋レポート公開記念イベントで、
国立公衆衛生院疫学部感染症室長をされていた
母里啓子先生のお話の一部をご紹介します。

以下↓

ハシカの予防接種は効きます。だけど、
ハシカによる死亡を減らしてはいないということ。
だから、死ぬというほどひどい状況というのは、
看護だとか、体力だとか、他の要因があります。
じゃあ、ハシカのウイルスは今の方が弱くなったのかというと
、私はそうじゃないと思います。だから、
予防接種で、39度以上の熱が3日も4日も続くのは
防いでいると思います。でも、ハシカで死ぬ人の数が
2万人から100人になるまでは、予防接種がなくても、
日本が高度成長で経済が良くなり、環境が良くなり、
栄養も良くなりして減ったので、予防接種で死亡を
減らしたわけではありませんというお話です。

罹るのは確実に減らしています。
39度の熱が出て1週間も続くような状態は、
予防接種で防いでいますから、今のお母さんたちが、
核家族で子育てしているなかで、軽くすんでいるというか、
副作用で熱が出たりもしますけれど、本物に罹るよりは
いいかなって思います。ハシカに関してはね。

だけど、もう一つハシカに関して言うとね、
今、日本でハシカの接種率が低いから、
アメリカに輸出しているって怒られているっていう言い方
されるでしょ? じゃ、アメリカは予防接種を全員やっているのに、
なんで日本が輸出すると、そこで流行るの?
おかしいじゃないと、どうして思わないの?
日本が輸出するって言われると、そこでひるんじゃうのはどうして?
日本が持ち込むと、なぜ流行るの?
アメリカはみんなが予防接種しているんだから、
流行るはずないじゃないって、どうして言わないの?
おかしいでしょ?

昔、ハシカが2度やらないと言ったのは、
そこら中にハシカ・ウイルスがあってね、
毎年何万人も罹るから、2度目に罹っても症状が出ないから、
1度しか罹らないと思われていたのね。
でも、20年もハシカがなければ、ポンと入ってきたら、
予防接種の効果ないわけ。もう、落っ込っちゃっているわけ。
だから、「アメリカに持ち込んだ」って言われるのね。
それで、アメリカでは、20年持たないんだから、
もう1度やりましょうと。今度、日本でも、
ハシカの2回接種が行われそうです。そうするとね、
20年に1回ハシカのワクチンをやらなきゃいけないと、
100歳まで生きると、5回やらなきゃいけない。だんだん、
ハシカは、大人の予防接種になっていくよというお話。

以上



つまり、はしかを輸出している、というよりは
予防接種の徹底で、自然株の麻疹にお目にかかれなくなってしまった。
それで、20年で予防接種の効果が切れてしまう。
つまり、アメリカで予防接種受けた人もかかっているわけですよね。
麻疹は重い病気だから、予防接種の効果が切れたころに
かかると、大変。だから、予防接種を打ち続けましょう。
ということになっちゃうのかな。

結論から言うと、娘の麻疹の追加接種は受けさせようと
思っています。
でも、息子の予防接種は1回目のときに接種21日後に
痙攣を起こしているので悩みました。
因果関係は不明です。誰にも立証できません。
2回目はもうとっくに接種時期は過ぎましたが、
小児科医に相談し、もう少し待ってからにすることにしました。

また、予防接種の副作用で命を落とす悲しい事実も
あります。だから打たない、そう決めている方たちもいます。

自分の免疫をアップさせて、かかりづらい体を作ろう、
という方もいます。


皆さんはどう考えていますか?



何かのお役にたてるかな?


にほんブログ村 病気ブログ 子供・赤ちゃんの病気へ
にほんブログ村

インフルエンザ

どうするタミフル

どうする、タミフル

この記事は、
白衣のペテン師ピンキーママは兼業主婦という、
私の別ブログで数年前に掲載した記事を
引用しています。
あえて、インフルエンザの時期でない今、
冷静にインフルエンザのことを考えるにはいいかな、と思い
引っ張ってきました。
明日まで続けます。お付き合い頂けるとうれしいです。
一般的なインフルエンザの概要や症状ではありません。
この記事に対するコメント等ご覧になりたい方は

こちらまで




いわずと知れた

インフルエンザの特効薬



タミフル

インフルエンザA型、B型の両方に効果があり
一時はよもや奪い合いになりそうな勢いだった
この薬。
飲んだことありますか?

今年の3月、インフルエンザの流行が下火になったころ
厚生省からの通達で
10歳以上の未成年者への処方が
原則中止になりました。
前日まで


  バンバン処方


していた薬が、翌日からは処方できません、となり
「上の子は出してもらったのに下の子はもらえないの?」
「うちの子は飲ませちゃったんだけど今後
ふくさようがでないか?」

患者様は不安でいっぱいだったと思います。
いよいよ今期も

超あわてんぼうの

インフルエンザくんが



とんでもない早期大流行でお騒がせの中
先日厚生労働省からの通達。
今期も、3月の通達と同じ。

かいつまんでいうと
1・10歳以上の身成年者には、原則処方しない
  ハイリスク、合併症の患者には処方することもある。

2・小児、未成年者について、タミフルを使用する場合
  (つまり10歳以下は処方可能)異常行動の恐れがあるため
  少なくとも2日間はこどもを一人にしない


そして、数名の少年が異常行動で車にとびこんでしまった、
窓から飛び降りてしまった、などの副作用を挙げていますが
私が不思議に思うのは



どうして呼吸抑制で
亡くなった小さい命が数名いることが
通達にのっていないのか、
また、マスコミでもとりあげられないのか、
ということです。


私たちは生活の中でいやおうなしに色々な情報を
手に入れます。テレビやうわさ、ネットで、本で、
その中で、自然に手に入る情報の中で、例えば
テレビのワイドショーなどで、

「タミフルはじめて内服した子が眠り
 数時間後には冷たくなっていた。」

初めての内服で、
睡眠中に死亡したという事例は
1件2件ではありません。
2歳から6歳で、数年前までに6件くらい
あったと思います。それが、大々的に報じられないのは
タミフルとの因果関係がないという見解があるのでしょうか?

一部の医師たちは数年前から、このことを重大な
副作用と警告を発しています。
動物実験では、呼吸抑制が明らかになっていますし。
でも、
実際、医療現場で働いている私たちでさえも
このような通達の中に、小さい命を落としてしまった
例があるよ、という警告は、伝わってきていないし、
実際、小さなお子さんの親御さんも、
「飛び降りちゃうと困るから、ずっとそばにいます。
タミフル処方してください」という方が多いです。

私は個人的には気持ち悪くて使いたくありません、が
本音です。
・・というか、2年前に娘が一発目の内服で


がっちり副作用


の為、私は自分を責めまくりました。

インフルエンザで高熱とひどい頭痛の為
処方されたタミフル・・・。
当時、予防接種についても、色々調べていたので
タミフルのことも相当怪しい薬・・・という印象は持っていましたが
自分自身もインフルエンザの高熱で、娘も・・・・
という状況。
にっちもさっちもで、冷静な判断もできなかったかも。

で、自分も娘も飲みました。一回。

3時間もすると40度近かった娘の体温は37度くらいまで下がっており

やばいな。


と感じていると、かっと眼を開いて発狂しました。


ぎゃーーーーー!!



たすけてえーー!!



ひイッ怖い怖い怖いよ〜



と手足をばたばたとしたかと思うと





手を天井に持ち上げ



「ひらひらひらりいいい、きらきら・・・・・・」


と、手をひらひらさせてみたり・・・・。
生きた心地しませんでした。
娘に「かえってきてーー。お願いだから。」
と泣き叫んでしまった、私。


熱にうなされたんじゃないの?そういう病気だよ、
インフルエンザって。


といった医師もいました。
でも

絶対おかしい



身内があんな状況になったら、もう2度と飲ませるものかと思うと思います。だって、熱は下がってむしろ冷たく感じたくらいでしたし。


以下、タミフルについて書かれた
記事の一文です。

使用開始きわめて早期に(初回が最も危険)、
幼児では睡眠中突然死(呼吸抑制死)を、
学童/思春期では異常行動後の事故死を、起こしうる.
その規模はかなりのものと推定(02/03大阪の5例は全国規模では年間数十例に相当、これでも氷山の一角であろう)。
疫学調査による確認を要する重大な害反応である。
タミフル使用の害と益のバランス判断には、他にSJS/TENなど重症薬疹26例、アナフィラキシー等33例などの重篤な害反応をも考慮するべきである。



地球上のタミフルの7割を使う日本って
世界から見るとどうなんだろう・・・・・。
どの情報を信じ、我が子に提供するか
予防接種ともども、悩ましい問題だな、と思います。


どなたか詳しい方がいらっしゃったら
タミフルのこと、教えてくださいね。



ああ、今日はちょっと熱くなってしまいました。

今日もランキングよ・ろ・し・・クリック

■ランキングに参加してます!
いつもオーエンありがとうです。
1クリックうれしいです。
にほんブログ村 病気ブログ 子供・赤ちゃんの病気へ
にほんブログ村



以上引用



こちらのサイトは、テレビのニュースでは
得られない情報が得られるかもしれません。
私は時々覗きます。
kanngaerunet.gif

それから、こちらのサイトは・・
驚きの連続です。考えよう、と思います。

シンカー.gif




何かのお役にたてるかな?


にほんブログ村 病気ブログ 子供・赤ちゃんの病気へ
にほんブログ村

インフルエンザ

インフルエンザ世相3

インフルエンザ世相3


この記事は、
白衣のペテン師ピンキーママは兼業主婦という、
私の別ブログで数年前に掲載した記事を
引用しています。
あえて、インフルエンザの時期でない今、
冷静にインフルエンザのことを考えるにはいいかな、と思い
引っ張ってきました。
今日で3回目。あと2日間続けます。
一般的なインフルエンザの概要や症状ではありません。
この記事に対するコメント等ご覧になりたい方は

こちらまで

以下引用↓

前略

そうそう、そんなわけで、自分の体の声に
したがって、私はインフルエンザワクチン
打たない派になったわけです。
ただし、打ったときまでは

ばりばり打つ派でしたけど。

・・・で、私も色々勉強しました。
打つことが当たり前の世相ですが、
本当にそうなのか?

意見には必ず逆の考えがある、という
基本に基づき
反対派の意見を探してみると
私の聞いたことのない論文、研究結果、
意見、著書
いっぱいあったんですね。

たとえば、あえて、インフルエンザは風邪である
と言い切っている方
たとえば、日本の行政がどれほどの問題を
かくしているか
たとえば、予防接種って、何を入れて作っているか


ほか、ちょっとここには書きたくない衝撃的な
内容もたくさんありました。


また、ホメオパシーというものにたどり着いて
キッズトラウマという、
由井寅子さんの、ホメオパシーガイドブックの
予防接種の害というのを読んで
自分自身のアレルギー体質などと
ぴたりとかさなったんです。
経験と、理屈が。

こんなわけで、インフルエンザ打たない派の
私ができあがりました。
そもそも、打っていた時だって
その理由ときたら
コレラ みたいにかかったら命がけの恐ろしい病だから打つ
のではなく

■仕事を休めない
■保育園に預けられない
■ゆっくり休み、自分の免疫を鍛える
時間がない




こんな社会的理由でした。




ほとんどの人が、そうなんではないかなー?
(もちろん、持病をお持ちで、予防接種する方も
 いらっしゃると思います)


何が言いたいかというと



病気の時くらい
ゆっくり休める
世の中になってよーーー







ってことと







子供が病気になったら
とっとと帰れる
世の中になってヨーーーーーん






ってことですよ。




私の場合は、こんな体験が元で、打たないことを
現時点では選択していますが、悩んでいる方も
多いかと思います。もちろん、打つことが必要な
方もいると思います。打つ、打たないは
世相に流されず、いろんな方向から見てしっかりと
選択することが大事なのかなーと思ってみたり。
なにしろ、難しくて自分で決めるしかない問題なのかな。
ご意見お待ちしております^^

あくまでも、予防接種される方を否定する気は毛頭ありません。
これは、私の体験にもとづく自分のケースのお話です^^

以上引用


■ランキングに参加してます!
いつもオーエンありがとうです。
1クリックうれしいです。
にほんブログ村 病気ブログ 子供・赤ちゃんの病気へ
にほんブログ村

インフルエンザ

インフルエンザ世相2

インフルエンザ世相2

この記事は、
白衣のペテン師ピンキーママは兼業主婦という、
私の別ブログで数年前に掲載した記事を
引用しています。
あえて、インフルエンザの時期でない今、
冷静にインフルエンザのことを考えるにはいいかな、と思い
引っ張ってきました。
昨日から5日間の続きものです。
一般的なインフルエンザの概要や症状ではありません。
この記事に対するコメント等ご覧になりたい方は

こちらまで

以下引用↓

昨日、娘が学校からあるお知らせを
もって来ました。
インフルエンザ、発熱でお休みの子が17人います。
市教育委員会からの指導で
今回の授業参観を延期します。


下校後は家で静かに
すごしましょう。

かいつまむと、こんな感じ。無理だから。
静かにおうちの中にいるなんて・・・・。
  そして、職場でも、近隣の幼稚園、保育園の子たち、
インフルエンザA
順次出始めまして・・・。




ちょっと早くない?




いんふるえんざくん。

君の好みは気温7℃でしょう?
と、彼のきもちをきいてみたいところですよ。
おかげで、近所の予約なしでワクチンを打つ
クリニックは

暴動寸前

すぐに打ってくれても、院内にはすでに
インフルエンザ君を連れている人たちが
咳をしていたりしないのだろうか?←ささやかな疑問
しかも、世の中にインフルエンザ君が出ている以上
元気な人の鼻の中だって
綿棒突っ込んで培養すれば、インフルエンザ君は
出てきたりするらしいし。

全く症状のない人も、排菌してるんだから、
自分の免疫を高めるしかないかなー、と思っちゃいます。

で、インフルエンザ予防接種を打たない派に
属することになった体験談をひとつ。
それは、秋晴れの10月。
いつものように手術室に出勤。
この秋もフル回転のオペ室では冬に向けて
インフルエンザにかかってお休みをもらえる
余裕などありませんでした。


毎年のことですが、働く女たるもの、
しごとにあなをあけるわけには・・・・
と、いわれるがままに、インフルエンザワクチンを
打っていました。
もちろん、娘がインフルエンザにでもかかったら、

出勤
出来なくなってしまうとばかり、
姫にもワクチン接種を義務付けて
何の迷いも
不安もなく


当然接種していました。



この年も

「タダで打ってもらえても、痛いしねー。
やだねー。」なんて、ピーチクパーチクるんるん
で、打っていただきました。
職場ですぐに打てる環境は
何だかんだいって便利で、いいかも・・・・って
思っていました、ちくり、までは。
これ、昼休みの出来事。

ところが、15分もすると、全身の関節が
痛み出し、悪寒と吐き気に襲われ、だるいまま勤務。
夕方37,8度の熱がでて、よたよたとこどもを
ピックアップして帰宅。

倒れこむような感覚で


大人なのに


40度

を超える発熱にうめきました。
吐き気もあるし、頭痛、関節痛で動けないくらい。
39度くらいなら座薬入れて何とか働くってこともあったけど

このときは動けません
でした。
全身で、「こんなもの、体に入れるなexclamation×2
と、私の細胞が怒っているような感じがしました。
当然、お陰様で、予防のはずがすってんころりん
オペ室に多大な迷惑を掛けることになってしまいました。
以来、予防接種を受けていません。

ちなみに、小さいころからずーっと毎年
強制的に受けてきた世代だし、おとなになってからも、
受けていますから、過去にこのワクチンで
アレルギーのような反応がなくても
だれでも、いつ起こるかわからないなーと思いました。
もしかして、私の、重症の花粉症とかも
こうして異物を体に入れ続けたことが影響?
してるのかな?
と思ってみたり。



話が長くなってしまいました。続きは明日


以上引用

インフルエンザ世相ご意見お待ちしてます!!
コチラのポチもおまちしてます!!
■ランキングに参加してます!
いつもオーエンありがとうです。
1クリックうれしいです。


にほんブログ村 病気ブログ 子供・赤ちゃんの病気へ
にほんブログ村

インフルエンザ

インフルエンザ世相

この記事は、
白衣のペテン師ピンキーママは兼業主婦
という、
私の別ブログで数年前に掲載した記事を
引用しています。
あえて、インフルエンザの時期でない今、
冷静にインフルエンザのことを考えるにはいいかな、と思い
引っ張ってきました。
今日から5日間続けます。
一般的なインフルエンザの概要や症状ではありません。
この記事に対するコメント等ご覧になりたい方は

こちらまで

以下引用↓

インフルエンザ
つ・い・に   職場で
今年初の患者様
がお見えになりました。
ちなみに予防接種は今月はじめから行っております。
かなり早い感染ですよね。
地域によってはもう、集団発生してるなんて話も聞きました。


いやな季節

です。
冬って魅力的なシーズンなのに、インフル様に
おびえて暮らすのは

いやーーーーわーい(嬉しい顔)
と、お思いの皆様、予防接種を受けましょうねハートたち(複数ハート)

が、ナースとして推奨される行為だと思いますが・・・
ピンキーママは
良く考えて受けましょう

が、MY MIND

理由その@私自身、7年前に職場で強制的に受けさせられて
     その直後から倒れこみ、40度の発熱と
     関節痛で、動けなくなった。
     副作用だ!!と、医師に訴えるものの、
     「それ、注射の前に感染してたんじゃないの?
      注射しなかったらもっとひどこなってたかもよ。」

     なんて、到底納得できない答えを返された。



理由そのAその出来事があってから、調べた。徹底的に読み漁った。
     ご存知の方も多いと思うが
     「今年はどうするインフルエンザ」
     「医者には聞けないインフルエンザワクチンの話」
     ほか、ジャパンマニシスト社の本や
     ネット検索で見つけたいろいろな分野の人の意見を
     調べた結果、
    
     多数決では、圧倒的に打つことを推奨している。
     でも、ワクチンが産業であり、儲けるための対策会議が
     、堂々とワクチン検討委員会で行っている、
     と、その出席者がはなしているところを見ると
     なんか、あやしいな、と感じる。 



理由そのB王子は熱誠痙攣があるし、私も小さいころ良くひきつけた。
     私と彼の体質が似ているとしたら私のような副作用で
     予防接種で脳炎を引き起こす可能性も
     ちょっと高いのではと懸念。



理由そのC政府、マスコミは、インフルエンザに対する不安を
     あおりすぎてるように感じる。
     以上の理由から


   うけませんどんっ(衝撃)

ちなみに、身の回りのドクターたちも一様に
  「うけるべきだ」
 と、いいます。
いままでに、色々な小児科医や内科医に
「予防接種、うけないとだめなんですかね。」
って質問をしてきました。
私の思いを一生懸命聞いてくれた先生がいて

これは、打たないでインフルエンザにかかって、脳炎になる場合と
 打って副作用で脳炎になる場合。
 確立は打って副作用のほうが少ないと思うけれど
 誰がなるかなんて、誰にもわからない。
 まして、自分の子がどちらかに該当すれば、その親にとっては
 100パーセントなんだから。
 この地域は奪い合いで、みんな一様に打ちたがるけど、
 前にいたところでは、半々で、「うちません」という意見を
 持ってる人が結構いたよ」



   と、話してくださった。
   まるで、ロシアンルーレット。

私も
よーくふらふら
よーーーーくふらふら
よーーーーーーーーーーくふらふら


考えすぎて脳みそ、うに  になっちゃって・・・・


結論はうたない



にたどり着いたわけです。
でも、いつも怖いと思っています。
自分の選択が正しいのかどうなのか、評価できないから。

何にも調べなければ、毎年打たせていたと思います。
でも、それって、ずっと打ったら、生涯で何CCの異物を
体に投入するんだろう、って思っちゃいます。
ホメオパシーなんかだと、その異物が病気を作るといっているし、
リウマチなどのアレルギー疾患にも影響してるって話もあります。
そりゃ、防腐剤やらなにやら、ワクチン内の異物が
毎年毎年投入されたら・・・・・
 体もびっくりして、アレルギー起こすよナーーー、と
妙に納得してしまいました。


この話はホメオパシーといえばこの人
由井寅子さんの著書にございます。たしか、
キッズトラウマ・・・・

予防接種しない分、ホリスティックな医療に憧れと
期待を持っているわけです。
今年はアロマとマヌカハニー・・・・
良く寝る。食べる。で乗り切りたいです。
ちなみに去年はかかりませんでした。(一家全員)
おととしはパパ以外全滅。

しかも、うっかりタミフルを姫に飲ませてしまい
一発目で、姫が発狂、絶叫、おかしな行動を起こし
生きた心地もしませんでした。


そんなタミフルも、
「しっかり飲みなさい」
と処方していたのに、ある日を境に(厚生省からの通達)
「10歳以下は処方禁止」
   昨日までは飲ませていたのに今日からは
   飲んではいけませんと指導する立場は
   とても、心地悪かったのを覚えています。


7歳以下のこどもが1回目の内服をした後、
眠るようになくなった事例(確か5、6例)、
ずいぶん前からあったのに、当時騒ぎにならなかった国
日本って、どうなってるのか????
あーー。書きすぎました。
でも、私にとって、とても悩ましいこの問題。

PS  予防接種を受ける人を否定する気持ちは毛頭ありません。
   あくまで、MY CASEのお話なので、
   気を悪くなさらないでくださいね


以上過去の記事引用




このことについて悩んだことのある方
悩み共感ポチ☆お願いします

何かのお役にたてるかな?

にほんブログ村 病気ブログ 子供・赤ちゃんの病気へ
にほんブログ村

♡サッカー少年と親のための素敵な読本たち♡はこちら

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。