インフルエンザ到来!!ウイルス対策にはマジックボール♪
ポイント3倍?!セブンカードプラス

溶連菌

溶連菌

溶連菌  この悪魔のような細菌に取り付かれてしまった我が家

今年に入ってすぐに、小学3年生の娘が軽く発熱
どうしたのかなexclamation&questionと、軽く受診
のどを見た先生が、

あれ〜溶連菌いそうexclamation×2

うっそ?うちの子溶連菌にはかかったこと無いんですよん!
溶血性連鎖球菌、って、本当に悪そうななまえですよね。
のどを、ゴリゴリ

ストレップAで、ばっちりプラスでした・・・
この病気の怖いところは、治った後に腎炎やリウマチ熱にかかることがあるので、ペニシリン系の抗生剤を10日くらい飲ませるんです、ね。

私は抗生剤は嫌いで、風邪くらいでは出されても飲ませない方針なんですが、溶連菌だけは

ありがた〜く飲ませます
ええ、飲ませます。

すぐに元気になって、薬が終わった10日後、腎炎を否定するために検尿に行くと・・・・のどが痛いと申すのです。
案の定、

すとれっぷAプラス


ええ?またですか?今度はマクロライド系の抗生剤が出て、すぐに元気になって、1ヶ月がたち、

派手に発熱し39度を軽く超え、たいへんだあ〜と病院へ行くと

あれえ、のどにボツボツが・・・と、不吉なお話

3回目の溶連菌

今度ペニシリン10日飲んでその後5日目に再検査して、万が一出てしまったら、バイシリンという抗生剤を30日飲ませましょう

ですって。

気絶しそうですよ。抗生剤、極力飲ませないようにしてきたのに・・・
ちゃんと、今回だけはきちんと、飲ませていたのに。

でも、抗生剤が血液の中からじわじわのどに効いてきて、溶連菌はすぐに動けなくなるんだけれど、ちょっとでも残っていると、薬をやめると、待ってましたとばかり、倍増するんですって。

ところで、心臓の弁膜症って、お年寄りに多く聞かれますが、この、溶連菌に起因するそうです。
年配の方で、弁膜症で外来にかかっている方、結構見かけます。
その原因が、小さいときにかかって治療していない溶蓮菌が関連があるとは・・・
当時は溶蓮菌なんて言葉もなく、自然に治癒するのを待つという感じだったのでしょうか。
ちなみに、この病気、一昔前は「ショウコウネツ」という怖い名前で呼ばれていました。
命を落とすこともあった病気・・・
今は薬で治療ができます。おどろくほど、はやくのどの痛みが取れます。




そしてそして、バイシリンは長期投与可能です、と説明を受けて、ようやく納得exclamation×2

そして、検査の結果はぴかぴか(新しい)大丈夫でした

気をもんだ3ヶ月間でした


ちなみに、その後、家では、マヌカハニーというはちみつを食べさせています。今のところ、のどを患うことはありません。



育育児典 [大型本] / 山田 真, 毛利 子来 (著); 岩波書店 (刊)
新版 赤ちゃんのいる暮らし [ハードカバー] / 毛利 子来 (著); 筑摩書房 (刊)

小児科へ行く前に―子どもの症状の見分け方 [単行本] / ジョン ガーウッド, アマンダ ベネ...
小児科へ行く前に―子どもの症状の見分け方 [単行本] / ジョン ガーウッド, アマンダ ベネット, 山田 真 (著); John Garwood, Bennett Amanda (原著); 青木 玲 (翻訳); ジャパンマシニスト社 (刊)


何かのお役に立てたかな?
お子様の早い回復を祈っています。

溶連菌

溶連菌感染症(ようれん菌感染症)とは

溶連菌感染症って?

溶連菌とは”溶血性連鎖球菌”の略。
正確には「A群β溶血性連鎖球菌」

これが、喉や皮膚に感染し起こる病気。
溶連菌感染症の一般的な症状は風邪に似ている。
喉を痛がるのが特徴で、唾液を呑み込むのもつらいことも。
一般的な溶連菌感染症の症状としてあげられるのは
・高熱 
・咽頭炎 
・偏桃炎 
・中耳炎 
・とびひ 
・リンパ節炎 などです。


また、以下のような症状でも
・だるさ(倦怠感) 
・頭痛 ・吐き気 
・微熱 ・胃痛(腹痛)
溶連菌感染症が陽性になることもあります。


溶連菌感染症に感染すると、
咽頭炎、偏桃炎だけでなく中耳炎・リンパ節炎・とびひなど
化膿性の病気やショウコウ熱になったりする事になることもある。
初期症状は風邪に似ていて治療がおくれることがあるので、早い鑑別が
必要です。治療が始まると、劇的によくなることが多いです。
治療は抗生剤の内服です。
幼児・学童が溶連菌感染症の感染の中心です。

溶連菌感染症そのものよりも合併症のほうが怖い病気です。
薬を飲み終えてから2〜4週間後に合併症は現れます。
急性腎炎、リウマチ熱、アレルギー性紫斑病などの合併症が
よく知られています。

抗生物質を2週間飲み終えた後、医師の指示に従い、(2週間前後
と指示されることが多いです)再度受診し
尿検査を行い、合併症の疑いがないか検査するようにしてください。
2週間たたなくても顔のむくみや関節痛、血尿、動悸、息切れ、など
いつもとかわったことがあればすぐに小児科の先生に相談してください。


何かのお役に立てましたでしょうか?
お子様が早く元気になりますように!


にほんブログ村 病気ブログ 子供・赤ちゃんの病気へ
にほんブログ村
タグ:溶連菌 
♡サッカー少年と親のための素敵な読本たち♡はこちら

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。