インフルエンザ到来!!ウイルス対策にはマジックボール♪
ポイント3倍?!セブンカードプラス

マイコプラズマ感染症

マイコプラズマ、耐性菌にアロマの可能性

マイコマイコって、気になるマイコプラズマ感染症。
マイコプラズマ肺炎って診断され、がっくりしているママやパパ。
肺炎なんていわれた日には「重症」としか思えないですよね。

でも、
マイコプラズマは、健康な人かかる肺炎の原因としてとてもポピュラーな病原菌なのだそうです。
(厳密に言うとウイルスと菌の中間って言われてるんですけど)

マイコプラズマに感染すると、たいていは咳とか鼻などの風邪症状で済んでしまうのですが、重症化して肺炎を起こすことがあります。
肺炎にならないまでも、乾いた咳がしつこくしつこく何週間も続くことがあります。
喘息の人や元来気管支が弱い人がかかりやすいという特徴もあるそうです。
以前は4年に一度、なぜかオリンピックの年に流行するなんていわれていましたが
ここ数年はそういうジンクスもなし。毎年流行しています。
以前にも書きましたがマイコプラズマの治療にはマクロライド系の抗生剤が有効です。
クラリスとかジスロマックなどが処方されるかと思うのですが、これがマクロライド系といわれるものです。そして、これがよく効いていました。(過去形)


が、

最近話題になっているのが、耐性マイコプラズマです。
抗生物質への耐性を獲得したもの(=抗生物質が効かない)マイコプラズマ
が増えていることが問題になっているのです。ようするに特効薬のマクロライドが効かないマイコプラズマです。耐性菌ってどこかで聞いたことがありますよね?
なぜ効かなくなってしまうのでしょうか?
答えは一言。

抗生剤の乱用が原因です!

ちょっとした咳や鼻ですぐにクラリスやジスロマックなどを処方され、
お子さんがマクロライド漬けになってしまう。

そのうちに肝心のマイコプラズマがマクロライドに反応しなくなってしまう・・
なんてことでしょう。
普段から必要のない抗生剤ばかり使っているために、
肝心の必要な時になってそれが効かないという・・・

おんなじことがタミフルにも起こりましたよね。
いや、インフルエンザに起こったというべきでしょうか。
インフルエンザAに、タミフル耐性が出きて、タミフルが
利かなくなってしまった、記憶に新しい話です。
新しい薬が誕生すると、菌やウイルスも新しく進化する。
この繰り返しをぐるぐるぐるぐる続けているのが現状なのです。
オペ室勤務で手術に立ち会っているときに、ドクターが
こんな話をしていました。
「最近、アッペ(盲腸)の腹膜炎減ったよね。」
「人間は抗生剤いっぱい食べてるからね。」
「そのうち全部耐性ができて抗生剤がどれもきかなくなって
ちょっとした怪我でも助からなくなったりしないのかな。」

・・・・・・

恐い話です。人間は、お医者さんに処方されている抗生剤を
めったに飲まない人でも、鶏肉、豚肉、牛肉 養殖魚たちは・・

たっぷりお薬飲まされています

食物連鎖で、私たちの体にはいっぱいお薬入ってきていて、耐性菌いっぱい作って
ちょっとしたけがからの感染でも重症化しちゃうんじゃあないの?
っていう不吉な予測の話です。

そこで、アロマについて考えてみます。アロマの精油にも抗菌作用、抗ウイルス作用が期待できるものがあります。

精油は抗生物質ほどの殺菌力はないとおもいますが、自己免疫をあげて、細菌を弱らせ耐性菌を減らす可能性があるのではないでしょうか。

耐性菌についてロバートティスランド氏(アロマセラピーのパイオニアとして世界的にその名が知られています。)の講演でこんなお話が合ったそうです。

「精油と抗生物質の相乗効果(シナジー効果)」について。
ある種類の精油とある種類の抗生物質の組み合わせることで
耐性菌の特徴である「抗生物質への耐性」を精油が抑制し抗生物質が本来の効果を耐性菌に対して発揮できる場合があるとのこと。
また精油同士も、単独で使うよりも組み合わせて使った方が効果を発揮する可能性についても実験結果を元についても話されています。
例としてマイコプラズマ、および、肺痰球菌、ヘモフィルスインフルエンザの細菌に効果がある精油としてティスランド氏が上げられたのが「シナモンバーク、ユーカリプタス、レモングラス、オレガノ、ペパーミント、ティートリー、タイム。」

マイコの耐性についてはっきり言及されたということではありませんが・・
ここはひとつ思い切って、精油の力を借りて
耐性菌に負けない自分、負けない子供を目指したい。
アロマの可能性に期待したいな、と思います。
ちなみに我が家でヘビーローテーションしているのはユーカリ・ラジアタとティートリー。特にユーカリ・ラジアタはユーカリの中では一番刺激が弱く香りも穏やかなので重宝してます。
ティートリーはティスランド氏もマイコプラズマに効果があると言っています。
ただ、ティスランド氏が紹介している他の精油(シナモンバーク、レモングラス、オレガノ、ペパーミント、タイム)は刺激が強く子供向けではないように思います。

だいぶ寒さが増してきて体調を崩しやすい季節です。
薬をもらうより、風邪をひきにくい体作りに気を配りたい、って思っています。
寝る前にはユーカリやティートリー、時にはラベンダーを、
ディフューザーでもくもくたいて芳香浴して眠ることにしています。

アロマの可能性に期待して。

アロマの資格取ったのも、始まりは子供を守りたい。
そんな気持ちからでした。


アロマセラピーを学ぶならまずはビューティー資格ナビでチェック♪してみて




マイコプラズマ感染症

マイコプラズマ

マイコプラズマ

この病気、結構います。
小学生のお子さんを持っていらっしゃる方や
幼稚園に通う幼児がいらっしゃる方は
学校の保健便りなどでめにしたかも
しれませんよね。流行することがあるんです!


マイコプラズマ感染症で最も多い症状は、
発熱、咳などの風邪様症状ですが、それが長引いて
なんと、肺炎になることも少なくありません。

肺炎って聞くと、いかにも重症感ありありですが、
マイコプラズマの場合、見た目、げんきなことも
多いのですよ。実際、こんなに元気なのに?
あまりに咳が長引くのでレントゲンを採ったら
立派な

  マイコプラズマ肺炎!!ってこと、

あるんですよ〜。あ、もちろん、私の勤め先では
採血でマイコプラズマかどうか
検査しますよ。


気管支炎やぜんそくなどでも似たような症状を呈する
ことがあるので、レントゲンを撮らない限り肺炎と
断定することはできません。

 マイコプラズマの予後は比較的よく、
症状の軽いうちは無理をせずちゃんと薬を服用していれば、
外来の通院治療でも充分に治癒することもあり、
場合によっては自然に軽快することもあります。
というか、私が見る限りでは、外来でマイコプラズマと診断されて入院するほどの方は
あまりいません。たいてい
内服処方でよくなられています。

そうはいっても、高熱が続いたり、
咳やゼーゼーする発作が多い時は、
食欲もなくなったりしていることが多く、
入院のうえ点滴しながらの治療が必要となります。

 一概に肺炎と言っても原因や症状によって対処や
治療法は多少異なりますが、要はその人の状態をよく
観察することが大事でだとは思います。
しかし、元気がなく呼吸も苦しそうにしている
ようでは要注意です。そういう時はためらわずに
かかりつけの主治医に相談するか、
夜間であれば救急診療所に相談することが大事です。



症状をまとめます。

1 頑固で、長期に渡る咳
2 発熱、胸痛。しかし発熱も特徴的でなく、
 微熱の場合もあったり、胸痛も一定していません。
3肺炎の場合、元気なことも多いです。



しつこくすっきりしない咳。
すっきりしない微熱、でも意外と元気。
こんな時は、もしや?


そして、受診の際には


● 長期間せきが続いていること
● 家族内にマイコプラズマ感染症の人がいるかどうか
● 保育園や幼稚園、学校でマイコプラズマ感染症が流行しているか
● セフェム系の抗生物質を使用しても 
  発熱や咳がなかなか治らなかったか。



などを、先生に話していただくと
診断が付けやすくなります。

マイコプラズマには、通常外来で処方されることの多いセフェム系の
抗生物質では効果が出ません。

逆にマイコプラズマに効果のあるマクロライド系の抗生物質は細菌性の
肺炎などに対する効果が弱いのです。

つまり、症状を起こしている病原体がマイコプラズマなのか、
細菌なのか、ウイルスなのかで、治療が違います。



  的確な診断は、的確な投薬につながります。
  無駄に抗生剤を飲みたくない、出来るだけ
  薬に頼りたくないな〜と思う私は
  診断をはっきり付けていただき、
  きちんと効果のある治療を受けたいな、と
  思っています。
♡サッカー少年と親のための素敵な読本たち♡はこちら

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。